トイレの新しいスタイル!フロートトイレをご紹介!

2022年09月07日

#リフォームの基礎知識

床と便器の接する部分がなく、足元がすっきりするフロートトイレ。トイレ本体が床に密着していないので、床部分のお掃除がとてもラクになります。戸建てやマンション、木造住宅にも設置可能です。トイレリフォームをお考えの方は参考にしてみてくださいね。

 
 

フロートトイレとは?

トイレといえば、床置き式のトイレが一般的です。しかし近年、トイレ本体と床の接地面を無くした壁掛け式のフロートトイレが一般住宅にも採用されはじめています。
今までは築年数の古い木造住宅だと壁にトイレを支える強度がないので設置が難しいと言われていました。しかし、工事の技術や方法が進歩したため、今まで難しいといわれていた住宅でも設置できるようになりました。
トイレ本体を浮かせることで、床全体のお掃除が簡単に。さらにトイレ内の床を床暖房にすることで、快適に過ごせるようになります。

 
 

フロートトイレメーカーの比較

今回は便器本体が浮いているフロートトイレを製造しているメーカーのうち、「LIXIL」と「TOTO」の製品をご紹介いたします。機能やおすすめポイントについて簡単にまとめていますので、トイレリフォームの参考にしてください。詳しく知りたい方は、各社サイトをご覧ください。

 

LIXIL

バックパネルの左右が光るLED間接照明で、落ち着いた雰囲気を演出します。「水あか」と「汚物」どちらも落とせる衛生陶器「アクアセラミック」で作られているため、お掃除が簡単でラクになります。少ない水でも便器全体をしっかりと洗い流すよう、水流を工夫した「パワーストリーム洗浄」のおかげでお掃除の手間を減らしながら節水も叶えられます。
さらに、プラズマクラスターイオンの発生装置があり、嫌な臭いの原因となる菌を除菌し、トイレを清潔に保ちます。

 

TOTO

「やわらかフロアライト」は便器下に設置されたライトです。トイレに入ると自動でライトがONになり、トイレから出るとOFFになります。程よい明るさの照明なので、夜中にトイレに行くときでも眩しさを感じにくいのが魅力です。
本体の特徴として、便器のフチ裏をなくした「フチなし形状」があります。フチがないので、今まで手間だったフチ裏掃除の必要がなくなりました。
渦を巻くように水が流れる「トルネード洗浄」で便器内をまんべんなく掃除しつつ、少ない水でしっかり流れるように設計されています。
他にも、使用前に便器ボウル面に汚れをつきにくくするミスト(水)を自動で吹きかける「便器きれい」機能で汚れをつきにくくしています。
今までトイレの便器は白一色のイメージでしたが、キャビネットや天板などカラーバリエーションが豊富なこともTOTOの特徴です。トイレの空間をおしゃれに自分好みにコーディネートすることができます。

 

まとめ

使用頻度が高いトイレだからこそ、いつも清潔で快適な空間になるといいですよね。今まで一般家庭では珍しかった「フロートトイレ」ですが、技術の進歩により木造住宅でも設置することができるようになりました。デザイン性がよく、さらにお掃除が簡単になる機能もたくさんあります。トイレリフォームの選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。
トイレのお困りごとやお悩み等承っておりますので、リストア工房までご相談ください。

 
 
 

お問い合わせ見積もりはこちら