床鳴りの原因と対処法

2021年03月26日

#リフォームの基礎知識

住宅のフローリングの床を踏んだときに、あるときからギシギシ、ミシミシ、といった音が出てくることがあります。この現象は「床鳴り」と呼ばれています。
 
床鳴りの原因にはさまざまなものがあり、原因によって対処や修理の方法が変わります。この記事では床鳴りの原因と対処方法について解説します。床鳴りで困っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

床鳴りの原因

床鳴りの原因となる問題は大きく分けて2つあります。1つ目は「フローリング自体に問題が起こっている場合」です。
 
そして2つ目は「フローリング以外の部分に問題が起こっている場合」です。それぞれにどのような原因があるのかみていきましょう。

フローリング自体に問題が起こっている場合

フローリングというのは板状の木材をつなぎ合わせて作っています。きちんとした施工をしていてもこのつなぎ目が擦れ合い音が鳴ってしまう場合があります。

 
またフローリングには、フローリングとなる部分の下側に土台が施されており、本来はフローリングと土台がピタッとくっついた状態になっています。
 
しかし施工の問題でその土台とフローリングの間に隙間ができてしまって床鳴りが起こることがあります。その他にも、フローリングを施工する際に、フローリングの下側の土台に使われている釘が擦れ合って床鳴りが起こる場合もあります。

フローリング以外の部分に問題が起こっている場合

フローリング自体に問題はないものの、フローリングを支える土台の木材部分が擦れ合って床鳴りが発生してしまう場合があります。木材は気温や湿度の影響を受けてしまうため、季節や環境によって床鳴りが起こることがあるのです。その他には、シロアリが原因で床鳴りが起こることがあります。

 
床鳴りが発生している箇所が、キッチン、洗面所、トイレといった水回りの場合、さらに梅雨時期に床鳴りが発生しやすいという場合にはシロアリの影響を受けている可能性があるので気をつけなければなりません。

床鳴りの対処方法

床鳴りの対処方法ですが、自分自身で行うことができるDIYという方法があります。フローリングの木材が収縮している場合には市販の修復剤を流し込むことで床鳴りが改善することもあります。

 
木材が膨張している場合にはカッターを使用して木材の継ぎ目に沿って切れ目を入れることで床鳴りが改善する場合があります。しかしフローリングの問題であってもどこに原因があるかわからない、床鳴りの原因が土台の部分にある場合などは自分で修復を行うのは難しくなります。
 

まとめ

床鳴りの原因と対処方法について解説しました。床鳴りは築年数に限らず起こる場合があり、自分で原因をしっかり見極めることが難しい場合も多いかもしれません。そんなときは専門の業者に相談するのをおすすめします。
 
部分的な修理で済むのか、すべて張り替える必要があるのかなど的確なアドバイスをもらえます。気になる床鳴りは早めに専門業者へ相談してみましょう。
 
敷島住宅でもリフォームのご相談をお受けしておりますので、気になる方はお気軽にご連絡ください。