最新2021年度版~グリーン住宅ポイント追加内容

2021年04月26日

#キャンペーン情報

新型コロナウイルスの影響による経済の落ち込みを回復させるために導入されたグリーン住宅ポイント制度。

 

グリーン住宅ポイント制度について以前、ご紹介させていただきましたが、今回はポイントの利用方法について詳しくご紹介します。

 

以前の記事はこちら↓
リフォームにおけるグリーン住宅ポイント制度

 

グリーン住宅ポイントは何に交換できるの?

グリーン住宅ポイントは何に交換できるの?

申請し発行されたポイントは、「追加工事」と「商品交換」の2つの方法で利用することができます。
しかし追加工事も商品の交換も一定の要件に適合したものであることが、ポイント利用の条件となっています。

追加工事でのポイント利用

発行されたポイントは、ポイント発行対象である工事や住宅の販売を請け負う事業者が実施する追加工事の代金の一部またはすべてに充当することができます。
 

追加工事は大きく2つあります。

 

(1)「新たな日常」に資する追加工事
・ワークスペースの設置
・音響向上工事
・空気環境向上工事
・菌・ウイルス拡散防止工事
・家事負担軽減に資する工事

 

新型コロナウイルスの感染防止のために在宅ワークを行う場合は、壁にカウンターを取りつけたり、開閉可能な間仕切りの設置などの工事が対象となります。
その他にも抗菌・抗ウイルス建材を用いた手すりやドアのハンドルの設置、防音効果のあるドアや居室の換気扇・室内干しができる物干しの設置など、要件に適合したさまざまな追加工事にポイントを使うことができます。

 

(2)「防災」に資する工事
・停電・断水対策
・水害・台風対策
・地震対策(躯体に関する耐震対策を除く)

 

近年多い災害に関する対策を講じるための工事となります。収納扉の耐震ロックや家具固定器具の設置、窓ガラスの飛散防止工事や太陽光発電の設置などさまざまな工事が対象となります。

商品交換でのポイント利用

・「新たな日常」の資する商品
・省エネ・環境配慮に優れた商品
・防災関連商品
・健康関連商品
・家事負担軽減に資する商品
・子育て関連商品
・地域振興に資する商品

 

家電やインテリア・ベビー&キッズ商品・防災用品など幅広い分野の商品を選ぶことができます。

 

追加工事での交換手順

追加工事での交換手順

(1)ポイント発行対象となる住宅の建築・購入、リフォーム工事の契約を締結
(2)(1)の事業者と追加工事の契約を締結(追加工事交換の対象となる工事内容の金額が確認できる見積書や特約などが必要)
(3)追加工事を含めた工事の完了
(4)事業者が申請者の代理申請者としてポイント発行の申請を行う
(5)ポイント発行と追加工事に利用したポイントの確定がなされ、振込金額と振込予定日が申請者に通知される
(6)通知された振込予定日に代金の振込が行われる

 

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、私たちは新しい生活様式へ切り替えていくことを求められています。

 

慣れない生活様式に順応するためには私たち人だけではなく、住まいも最適な環境へと変えていくことが大切です。期間限定のグリーン住宅ポイントを活用し、新しく快適な住空間で毎日を過ごしましょう。