リフォームでキッチンの場所は自由に変えられるの?

2021年11月18日

#リフォームの基礎知識

リモートワークやオンライン授業の普及により、家族がより過ごしやすいように間取りの変更を検討されている方も多いのではないでしょうか。
 
家族が集まるリビングを含めてリフォームを検討されている場合、キッチンの場所についても考えることはありませんか?
キッチンは移動できないようなイメージですが、実は条件がそろえばキッチンを移動させることができます。
 

キッチンの場所は自由に変えられるの?


 
すべての物件において、自由に変えられるというわけではありません。
気を付けなければいけないのは、「排水管」と「換気口」です。
 
排水管は水の流れを確保する勾配を保つことができるかどうかを判断します。
換気口は、換気扇まで空気を逃がすダクトを通すことができるかどうかが重要です。
 
家の構造上、梁などがある場合は換気口から換気扇までのダクトを確保できない場合もあり、その場合は希望の場所に移動できない可能性があります。
しかし、「排水管」と「換気口」などの条件がそろえばキッチンの場所を変えられる可能性が高いです。(他にも柱位置などの条件も併せて必要となる場合がありますので、その旨担当者へご確認ください)
 

リフォームでキッチンの場所を変えるメリット


 
リフォームすることによって、キッチンで過ごす時間が快適になるといいですよね。
キッチンの場所を変えた場合のメリットについてご紹介します。
 

家事動線の改善

 
キッチンの向きを変えるだけでも家事がしやすくなることがあります。
壁向きのキッチンでお子さまの様子が見えず、ちょくちょくうしろを振り返らないといけないような場合は、リビングを向いて家事をすることができるようになるだけで効率が上がります。
 
ただし、移動や作業できるだけのスペースを充分に確保できない場合、リフォーム後に狭くなったと感じることもありますので工事前に完成形をよく確認しておきましょう。
 
また、現在2階にあるキッチンを1階に移動することもできます。
買い物した荷物を運ぶ手間もなく、階段を上り下りする必要もなくなります。
ただし、別の階への移動は費用が高額になる場合があります。
 
イメージが漠然としている場合でも、まずはお気軽にお話しをお聞かせください。
 

まとめ

 
キッチンを移動する場合は、「排水管」と「換気口」の2つが条件に一致することが前提です。
無理かなと思う移動でも可能な場合はありますので、キッチンのリフォームについて検討されている場合は、お気軽に敷島住宅までご相談ください。